電 話: 0558-32-0076

河津駅から徒歩7分!河津川沿いの老舗うなぎ屋

店舗案内

 
当店「うなぎの店大川屋」は伊豆急河津駅より徒歩7分、河津桜まつり会場より
徒歩5分のアクセスの良い場所にて営業しております。当店は90年以上の歴史がある
河津の鰻屋では老舗。現在の店主で4代目となります。
関東では珍しく蒸さずに炭火で焼き上げる鰻をお出ししております。
河津桜まつり、また夏の海水浴にお越しの際は是非おたちよりくださいませ。
 
※伊豆急行河津駅から徒歩7分 
駐車場アリ(第1、第2駐車場あります)
(桜まつり会場からは「荒くら橋」方向へお進みください)
営業時間 午前11時~午後2時 午後5時から午後8時まで
定休日:不定休 TEL:0558-32-0076
 

大川屋

店内風景

 

我流!こだわりの七カ条

一.秘伝のタレは初代より一子相伝で受け継がれている
二.うなぎは富士山の伏流水で知られる清水町より仕入れている
三.うなぎの割きは、背開き(関東風)
四.炭火の直焼きで蒸さずに焼き上げる(関西風)
五.串は打たずに、網で焼く
六.白焼きのわさびは契約農家より直接買い付け河津産わさびを使用
七.お漬物は、三代目の故郷、山形県産の漬物を使用

 
 

サイドストーリー ~写真で見るお店の歴史~

1947年(昭和22年) 初代 大川屋
祖母2代目大川しゅうに聞いた
お話ですが、祖々母のきさが
大正後期に谷津温泉の
入り口で大衆食堂を始めたのが
始まりです。その後、旧満州国に
夢をはせ渡り、敗戦後現在の
スーパーあおき寮に場所を移し
八百屋と大衆食堂「赤垣」という
名前でオープンしました

1954年(昭和29年) 大川屋
現在の場所に移動し大衆食堂
「大川屋」として改名致しました。
夏はうなぎ、冬は鍋焼きうどんという
感じでうなぎは夏の食べ物という
感じだったそうです。

 

1970年(昭和45年)
サラリーマンだった父が3代目
母スエ子を嫁にもらう為に
立て替えたそうです、写真は
兄英樹(2歳)です。まだ4代目は
世に誕生してません。

1979年(昭和54年)  店舗改装
昭和53年1月14日に伊豆大島
近海地震があり5月に現在の建物に
改装し現在に至ります。
写真は開店当日の写真です